釣り場案内

防波堤
磯マップ

GoogleMap

賀露一文字 赤灯台 [地図表示]

添付画像
賀露一文字は鳥取港の一番外側の防波堤です。西内向きは岩礁と砂地が混じり、真ん中から東内向きは砂地が広がっています。外側(テトラ)は一面岩礁でたまに砂地が混じります。
赤灯台は西に長く伸びた防波堤の最北端です。水深はあまりありませんが、大物が釣れることもあります。
どちらも春夏秋冬さまざまな魚が釣れ、足場も良いので団体やファミリーでの釣りにもオススメです。

*テトラの上からの釣りは大変危険です。

伏野大島 [地図表示]

添付画像
伏野大島は鳥取空港沖に点在する独立磯で「大鳥」、「大島」、「小島」の三つの島から構成されています。沖側の「大鳥」は潮の流れも良く、「沖ボテ」では初夏と秋口に真鯛の大物が釣れています。中ほどに位置する「大島」の「ヒーゴ」は夏の夜釣りで大型のスズキが釣れています、また「椿」と「井戸」では中型グレが秋口によく釣れています。「黒岩」では冬はチヌ 夏はアジ 秋口に真鯛などが釣れま。空港側の「小島」は冬場の北西風に強く、沖側が釣りにならなくても磯に上がれ、空港に向けて遠投すればチヌ・真鯛・スズキが釣れています。詳細は釣り場写真をご覧ください。

海士島 [地図表示]

添付画像
海士島は「鳥取砂丘」の沖に見える島で、東向きの「東の鼻」、「タタミ」は本潮に乗せて釣ります、水深もかなりあり良形グレ、チヌを狙うならこちらです、また西向きの「牛の首」、「西の鼻」、「ゴロタ」は水深が3ヒロから4ヒロと比較的浅く、チヌの数釣りが楽しめます。青物を狙うなら「東の鼻」、「ゴロタ」がいいでしょう。詳細は釣り場写真をご覧ください。